お知らせ

派遣切り対応マニュアル

派遣切りで仕事や住居を失った場合、失いそうな場合、以下のような対応ができ
ます。全国ユニオンが行った「派遣切りホットライン」の対応マニュアルに独自
の説明を加えた対応策をご紹介します。

第1 こう言われたら、こう答えよう&利用できる制度

1、契約中途解除/契約更新拒絶と退寮勧告に対して

「○月○日で解雇です」「契約終了です」「契約を短縮します」と言われたら
 →「解雇は認めません。働き続けます」と答えよう。

「解雇と同時に寮も退去してください」と言われたら
 →「寮は出ません。ここに住み続けます」と答えよう。(根拠:借地借家法 6ヶ月の猶予)

「家賃は払えるのか」と言われたら
 →「家賃は払います。今まで通り給与から天引きしてください」と答えよう。

「解雇だから給与は払えないよ」と言われたら
 →「解雇は認めません。今まで通り給与を払ってください」と答えよう。

2、解雇通知・短縮契約に同意のサインをしていたら

 →次のような文面で、サインの無効を主張する。

株式会社○○ 代表取締役○○様
 「解雇予告通知書」(または「雇用契約期間を一方的に短縮する派遣雇用契約書」)へのサインは、文面を読む余裕も与えられず、わけもわからないままにサインさせられたものですので、無効です。○年○月○日付解雇は不当ですので認められません。○年○月○日以降も引き続き働き続けます。
 また、寮を退去するつもりもありません。今後も寮に住み続けます。家賃は、今までどおり給与から天引きしてください。 以上
 ○○○○年○月○日  氏名     印

3、シフト減による減収

 →従来の労働日・労働時間の維持を要求する。

4、雇用保険を使う

 ①雇用保険に未加入の場合
 →加入要件(1週間の労働時間が20時間以上。1年以上の雇用見込み)を満たしていたら、遡及加入の手続きをする。失業給付は雇用保険に加入していた期間が12ヶ月以上(解雇などの場合は6ヶ月以上。)

 ②離職票の発行
 →1週間以内の発行を求める。厚生労働省は「1ヶ月待機を画一敵に行わないよう指導」
 →「事業主都合」で発行を
 →住居喪失の場合の失業給付の受給も模索する


5、生活保護

 ①労働組合組合員などが生活保護申請に同行する

6、有給休暇

 ①解雇日までに有給休暇を取得する
 ②有給休暇消化後に解雇日を延期すべきと交渉する

7、その他

 ①期間制限違反があるか確認する

第2 労働組合(ユニオン)を結成して闘おう

1、派遣切り、退寮勧告と闘うためのユニオン結成

 ①解雇撤回、雇用継続
 ②退寮勧の撤回
 ③派遣契約の開示と契約途中解除の理由説明
 ④派遣元・派遣先に基づく契約中途解除の際の雇用確保措置

 

フリーター全般労働組合に相談を!
 TEL03-3373-0180
 union@freeter-union.org

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不安定な生活を強いられている仲間を支える越冬ホットラインを開設

失業(派遣切り)・生活苦は自己責任じゃない!
不安定な生活を強いられている仲間を支える越冬ホットラインを開設

受付電話番号: 03-3373-0180
mail: union(アット)freeter-union.org (アット)を@に変えてください
ホットライン日程:12月24日25日 10:00~20:00
越冬期間 :12月21日~1月5日まで

・契約期間が残っているのに仕事を切られた
・契約更新を拒否された。
・寮(アパート)を追い出されそう。または追い出されて行くところがない。

 みなさん、いま全国でこのような問題が激増しています。アメリカのサブプライムローン問題から、米証券大手のリーマン・ブラザーズ破綻で明らかとなった、不況の深刻化は、私たち労働者の生活を破壊しようとしています。
 しかし、私たちが置かれているこの現状が景気が悪いから仕方がないというものではありません。企業の利益を最優先にした政策、そして景気が悪くなれば直ぐに労働者のクビを切る(解雇)ことが出来るような派遣法の適用拡大を図って来た政府。好景気だったにも関わらず低賃金・非正規雇用労働者を増やし続けた企業の責任こそが大きいのです。彼ら政府や企業は、失業と貧困が深刻化したことへの責任を果たさず、まっとうな派遣法改正にも背を向け、不景気になったら労働者をお荷物とばかりに切り捨てています。私たちはこうした政府・企業の無責任ぶりを放置できません。
 その上で、この年末年始、生活に困窮している仲間を支える活動を行います。

 「突然、契約を切られた」「契約を更新しない」といわれた。「給料をもらえない」、「生活する家がない」、「仕事を失い支払いに困っている」など内容・地域は問いません。私たちは各方面の仲間や専門家と力を合わせて相談にのります。
 みなさんの抱える悩みは社会全体の問題です。自分ひとりで抱え込まないで、ぜひ相談してください。

※ホットライン期間以外の相談は31日まではメールか03-3373-0180にご連絡ください。
主催:不安定な仲間の生活を支える越冬実行委員会
連絡先:〒160-0023 
東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階(フリーター全般労働組合内)
(都営大江戸線・西新宿5丁目駅から徒歩3分)
電話/FAX: 03-3373-0180
Log: http://etto.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

お知らせ | 住まい・インテリア